バーディオニソスブログ 


バーならではの話

BlogsBar Dionysos Blog
   
投稿者: 子 龍 2015/07/10 3:53

  皆様今晩は、子龍で御座います

本日は、バーならではの、有りそうな本当の話・・・・そして嬉しい話です

子龍は、このバーを開く前は、某ホテルのバーで働いておりました。

もう、16~7年前・・・・。未だ、マネージャーになっておらず、バーテンダーとして、カウンターに入っていた子龍

その時に、良くカウンターに来られていたS様。当時では珍しく30歳前後でホテルバーに女性おひとりで来られているお客様でした。勿論ほかにも何人かはいましたが・・・・。

ある時、バーのイベントでバスケットに入れた数種類のフルーツから2種類のフルーツを選びカクテルを作って提供する企画をしておりました。

その時にS様に造ったカクテル、自分でも味見をしておいしかったのを覚えておりますが、S様に凄くほめていただいた事が、今でも記憶に残っております。

そのS様は、その後東京を離れ故郷に変えて得行ったのですが、その方が今日いきなり来てくれたのです

予約の電話の時にお名前を聞いたのですが、何と無く聞いたことのある声。あれ?と若干思いました。何と無くですがS様の顔が浮かんだのです。・・・・しかし、ハッキリとではなく、本当に何と無く。正直、気にしてはいませんでした。しかし、扉を開けて入って来られた時、言葉に詰まりました

「あれっ」S様って・・・・あれ?何で?・・・・・勿論、ホテル在籍中に私が独立することを伝えたわけではなく・・・・と言うか、その時点ではまだ、独立する具体的な話もなく(気持ちはあったが)、当然連絡先も知らなかった、私がS様に連絡するわけもなく・・・・・何故?って感じです

・・・・・聞いてみると、たまたま、仕事の関係で前に東京に来た時に、懐かしくて、前に通っていたホテルのバーに行った時に私の独立を聞いて、又、東京に来た今日にわざわざ少し離れている宿泊先から、寄っていただいたみたいです。16~7年以来・・・・・・最初の言葉・・・では無いけど「お互い年を取ったねって」微笑んでいました。

嬉しいですよね、やはり。

心がほっこりしました

ディオニソスで知り合い、引っ越していかれて、東京に来た時に寄って頂けるお客様や前の職場のお客様がわざわざ来てくれたり、今日みたいに前の職場時代のお客様で、大分前に越されて、わざわざ訪ねてくれたお客様。

非常にうれしいです。バーテンダー冥利に尽きます。

そんな、嬉しい夜の話でした


名前:
タイトル:
コメント:
コメントの追加   キャンセル