バーディオニソスブログ 


愚息と三国志

BlogsBar Dionysos Blog
   
投稿者: 子 龍 2014/05/16 4:13

  皆様、今晩は。子龍で御座います

今日は、愚息の話

最近、朝帰ってから愚息と三国志のゲームをしております

もともと、私が帰ってから暇つぶしに三国志のPCゲームをしていたのを愚息が見てやりたがっていたので、教えたのがきっかけで二人で遊ぶようになりました。愚息が三国志を知ってる訳では勿論ありません女房はもちろん反対。理由は言うまでもなく、「目も悪くなるし」し、「朝っぱらからゲームばかりも・・・ねぇ」。・・・・・いや当然至極!ごもっとも

まぁ、でも、コミュニケーションって事で

 

で、三国志・・・大人のゲーム?なんで・・・。漢字が多いわけです。愚息は未だ小学二年生になったばかり。

愚息は、私と同じく・・・てけとー(適当)なので、読めない漢字をフィーリングで適当に読んでる。一応、私がしゃべってる言葉を適当に聞いているからでしょうが・・・・・・・・。         そしてゲーム進行中に言うのです。

お父さん「こうび」しないと・・・・。「こうび」→普通に女房にも聞こえています女房もその言葉には無反応なところが面白い

って言うか「こうび」?って一体・・・・・・・・・

 

徴兵の事です。・・・・・・多分、愚息に「褒美」を与えないと、と私が言っているのを適当に聞いていて、「徴兵」と「褒美」を間違えて(徴兵と褒美は割とよく使うので)、尚且つフィーリングで、何と無く「徴兵」を「こうび」と言っているのでしょう

「こうび」と言われる度に・・・・ちょっとだけ、こっ恥ずかしく

「徴兵」→兵を増やす。・・・・から、「こうび」なのか?とか、愚考したりして私も本を読んでいて読めない漢字があっても意味が分かれば適当に読み方をつけてるところがあるので・・・・。まぁ、多分「褒美」からだと思うのですが

そう考えると、間抜けなところや適当なところが私に似てると、思ったりして

 

と言う・・・・・間抜けな話です

 

こりゃ、ひかれるブログですね惹かれるなら、良いのですけど

 

子龍でした

 

 

 


名前:
タイトル:
コメント:
コメントの追加   キャンセル